記事一覧

親にビクビクしていた私

メンタルサポート トゥルーカラーズにて

メンタルケアカウンセラーをしております

高井優子です


ご訪問頂きありがとうございます。


今日は

カウンセリングを受けて

自分自身に変化が起きた事

また、自分自身の事に気付いた

事をお話ししてみますウインク


カウンセリングを受けると

どうなるのか?


という一例です。


それぞれのお悩みがあり

育った環境も違うので


あくまでも

1つの例として

聞いてみて下さると

ありがたいですニコニコ



私の父親

とても頑固で短気でしたグラサン



小さい頃から


「早く支度しろ!」
「遅いんだよ」
「そんなの自分でやれ!」
「何でも人に頼るな!」


買い物に行っても

「まだかよ~、のろいな~」

なんて言われる始末


商品を選ぶ余裕なんてありませんびっくり


今考えても、時間がかかりすぎてる
という程の時間ではありませんでした。


なぜ、怒るのかはてなマーク


それは父親自身が

興味のないものに
費やす時間はすべてが
無駄だと思っているからです


買い物をしている

家族を待つ時間


それこそとてつもなく、

時間の無駄。。。


「この俺が、お前たちをわざわざ
待ってやってるんだぞムキー
早くしろ」と言わんばかりに。


だから家族はみんな
つねに時間に(父親)追われて

父親の顔色を見て、あせって。


怒らせない様にビクビクショボーン
していました。


だって子供は、

親って、神様以上に偉いと

思ってますもんねキョロキョロ


親が居なければ

生きていけないキョロキョロ


親が居なければ

何も出来ないキョロキョロ


つまり
親がすべて


親の言う事は絶対!!


そうやって
ずっと育ってきました




親から

嫌われない様に

自分の意思を捨て


親の顔色だけを気にする


そういうクセがついていました


そして親だけではなく
周りの友達の顔色
気にするように生きてきました


そしてついに
父親から離れたくて
1人暮らしを始めました
もちろん父親には言わず・・・


つづく


メンタルサポート

トゥルーカラーズHPはこちら↓



******************************

本日も、最後までお読み頂きまして

ありがとうございました

******************************


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント